東北工業大学

オールせんだいライフデザイン実践教育協創事業

地(知)の拠点整備事業

本学の取り組み

本学の取り組み

大学COC事業活動事例

教育 地域企業経営者による地域志向教育の授業風景
研究 学生と市民参画による研究活動
研究 地域の小学生を対象とした防災教育
社会貢献 地域連携シンポジウム

大学COC事業を終えて-今後の課題と展望-

石川善美

COC推進室長(副学長) 石川善美

大学COC事業は、本学の建学の精神、「我が国、特に東北地方の産業界で指導的役割を担う高度の技術者を養成する。」に基づき、自治体・関係団体・企業・住民の方々の協力のもと、地域の文化・産業の発展に貢献できる人材の育成を進めてまいりました。
5年間の事業全般を通じて、学生、教職員ならびに地域自治体と地域企業それぞれが、地域理解、地域の魅力と課題の発見および課題解決等についてポジティブな成果を得ることができたと考えております。

今後は、
① 本事業の継続と一層の推進のための継続的な新たな仕組みを構築します。
② COC+事業との連携によって、地域にとって有為な人材の育成と輩出をさらに推進します。
③ 地域志向とグローバル志向の共存、すなわち、地域から世界を、世界から地域を見ることが出来るようなグローカルな人材の育成に努めます。

ご支援、ご協力いただきました関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

オールせんだいのフィールド(仙台圏全域)

オールせんだいのフィールド(仙台圏全域)